「結婚してても恋したら仕方ない」は言い訳、不倫している人に読んでほしい記事

「結婚してても恋したら仕方ない」は言い訳.png

それは違うでしょ!結婚してても恋したら仕方ない

不倫をする人の中に【結婚してても恋をしたんだからしょうがないだろ!】と言う人がいます。

全くしょうがなくありません。


そもそも結婚とは配偶者のみとしか恋をしてはいけないという契約なんです。

 

つまり、契約違反を犯してるんです。私たちは人間です。理性があるはずです。

 

それを踏み越えて不倫の関係に発展させてしまったら、それだけで周囲から侮蔑されても仕方のないことなんです。

 

また、浮気をされたほうの気持ちを考えてください。

 

実際に浮気をされた人は「もう、耐えられない」と思うほど追いつめられていることだってあるんです。

 

耐えられないとまで思わなくても、浮気をされて平気な人なんていません。

 

苦しんでいます。

 

過去に不倫で離婚した人が、不倫相手から妻に昇格した人のことを指して言った言葉が忘れられません。

 

「元妻へ自分ができる償いは自分がこの人と幸せになることだ」と。

 

はっきり言って「フザケンナ」です。

 

奥様は不倫のせいで放り出されたのです。

 

人の悲しみの上に成り立つ幸せなんて、なんにもなりません。

 

もし不倫をしている人がこれを読んでいるのであればすぐにやめてください。

 

既婚者が恋をしたのであれば、既婚者と恋をしたのであれば、それなりの手順を踏んでから堂々と恋愛を始めるべきです。

 

婚姻期間中にすることではありません。

 

配偶者の気持ちも考えましょう。

 

不倫をされている人が悩んでいるのなら勇気を持ちましょう。

 

世間一般では不倫は許容されていません。

 

あなたは戦うことができるのです。


上手な戦い方を一緒に模索していきましょう。

 

浮気調査は岐阜市の探偵岐阜浮気調査相談室トップ